老眼ガイド TOP → 老眼の対策 目の運動

目の運動

 

眼球をまわす、まばたきを繰り返す、上下左右に視点を動かすなどの目の運動も、老眼対策として効果があるといわれています。水晶体が近く・遠くの物質に対してピントを合わせる際、眼球に存在する毛様体筋の力が必要となるため、これが弱体化しないように鍛えるのが目的です。眼球を動かしたりまばたきを繰り返したりする運動は、毛様体筋を鍛えるのに効果的といえるでしょう。

ただし、目の運動をするとはいっても、目を酷使するということではないので、意味を捉え間違えないように注意しましょう。例えばテレビやパソコンの画面をジッと見続けるなどといった行為は、目の運動ではなく、目の酷使にあたります。こういった行為は、視力の低下や老眼の進行を促すなど、ほとんどの場合は悪影響を起こしてしまうため、出来る限り注意する必要があります。

理想としては、テレビ・パソコンの画面などを見続けるなどといった目の酷使は控え、眼球を回したりまばたきを繰り返したりなどといった目の運動を心がけるべきです。しかしながら、現代ではパソコンを利用する仕事が多く、そのためパソコンを見続けていなければならないことも増えてきているため、仕方ない部分はあります。

だからといって目の運動を怠っていては、老眼の進行を早めることになりかねません。どれだけ忙しくても、せめて日に一度くらいは、目の運動を行う時間を取り、眼球を動かす・まばたきを繰り返すなどして毛様体筋を鍛えましょう。


老眼の対策

 



イチオシ商品 (株)TRINC 電池駆動式静電気除去器(イオナイザー)
http://www.ssw-shimadzu.co.jp/news/2013/20131129a.html

ケーシー 白衣
ケーシーの白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

持効型インスリン
持効型インスリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!