老眼ガイド TOP → 老眼の諸情報 遠近両用レンズ挿入の問題点

遠近両用レンズ挿入の問題点

 

老眼などに有用であるとされている遠近両用レンズ挿入について、便利であるのは確かですが、全く問題点がないというわけではありません。乱視がある場合や夜間の運転などが多い場合には、遠近両用レンズの目への挿入は一般的に不向きとされています。特に乱視の場合は、多少の乱視であれば微調整も出来るのですが、酷い乱視であると調整するのが非常に困難となってしまいます。

また遠近両用レンズ挿入の問題点として、高額の治療費も挙げられるでしょう。基本的に老眼治療は保険が適用されないことも多いのですが、遠近両用レンズ挿入もその例に漏れず、保険が適用されません。人によって、また病院によって変わってきますが、片目だけでも大体四十万円前後はかかってしまうでしょう。更に治療後、レーシックによる微調整が必要な場合、別途に十万円前後もかかってしまいます。

また遠近両用レンズは、遠近両用といっても一枚のレンズであるため、単焦点の見え方よりもコントラストが悪くなってしまうことがあります。例えば明るい光を直視できないほどにまぶしく感じるなど、そういった現象が起こりうるのです。これは時を経て徐々に慣れていくようですが、やはりこういった原因を踏まえると、先に述べたように夜間の運転などとは相性が悪いと言えるのです。

遠近両用レンズには様々な問題点もありますが、それでもやはり優秀な老眼治療の方法であることは確かです。老眼に悩まされるなら、この治療法を考慮に入れても良いでしょう。


老眼の諸情報

 



看護師 白衣
看護師の白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

セリエa 動画
セリエaの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン