老眼ガイド TOP → 老眼の諸情報 遠近両用レンズ挿入

遠近両用レンズ挿入

 

遠近両用眼内レンズを眼球に挿入するという治療法も、近年では注目され始めています。遠近両用レンズの挿入はその特徴から、またの名を眼内レンズとも呼ばれます。遠近両用レンズを使用する場合については、フィッティングの大切さもあるでしょう。自分にフィットしない遠近両用レンズを使っていると、普通に装着しているだけでもストレスを感じてしまう場合があります。

本来は白内障治療のために使われていた眼内レンズの挿入ですが、医学における治療の技術が向上してきた昨今となっては、網膜剥離や糖尿病網膜症などに対する治療として使われるようにもなっています。ただし乳幼児が発症する先天性白内障に関しては、目の成長を妨げる可能性もあるため、使用しないのが基本でした。時折、それでも使用するケースはありますが、やはり眼内レンズの挿入は避けられやすいでしょう。

遠近両用レンズの挿入に関しては、またの名を多焦点レンズとも呼ばれ、近距離・中距離・遠距離といった全ての視界を鮮明に見渡すことができます。また手術後に各視点において微妙な誤差が生じた場合でも、レーシック手術などを行うことで調整することも出来ます。老眼の治療法としては、あらゆる点において、非常に有効な治療結果をもたらすことでしょう。

イメージとしては、コンタクトレンズを眼球に固定させ、恒常的に視力を向上させるという見方が近いかもしれません。老眼への対処法としては、かなり優秀な部類です。


老眼の諸情報

 



ランタスソロスター
ランタスソロスターなら医療関係者向けの製品情報サイトで!