老眼ガイド TOP → 老眼の諸情報 治療費

治療費

 

老眼に対しては、主な保険制度である社会保険、健康保険など適用されないため、治療費が高額になってしまうこともあります。人によりますし病院によっても上下はありますが、最先端の伝導性角膜形成術に関しては、片目だけの手術でも十五万円から三十万円ほど、両目の手術となると四十万円前後から四十五万円ほどの高額となってしまう場合があります。やはり健康保険などがきかないことが大きいでしょう。

これほどの高額である分、伝導性角膜形成術の効果は、非常に高いものです。しかしながら、人による相性というのはやはりありますし、早い段階で視力が元に戻ってしまった(老眼の状態に戻ってしまった)というケースもあるのです。そうなるとせっかくの高額治療も、もったいない結果となってしまうこともあります。そうならないために、治療後は定期的に検査してもらう必要があるのです。

伝導性角膜形成術を行うとして、一年間の保障期間が設けられている病院で治療を受けたほうが良いです。これは治療から一年以内に目の状態が元に戻ってしまったとき、再治療をしてもらえるという保障です。つまり一年間の間に老眼の状態に戻ることは滅多にないことだといえるのですが、そうなってしまった場合の保障があるのとないのとでは、信頼性も全く違ってきます。

伝導性角膜形成術の治療費は、健康保険もきかず、決して安いものとは言えません。出来る限り一年間の保障期間がついている病院を、積極的に選ぶようにしましょう。


老眼の諸情報

 



社章の作成
で探すなら

リーガ エスパニョーラ 動画
リーガ エスパニョーラの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン