老眼ガイド TOP → 老眼の諸情報 最先端の治療法

最先端の治療法

 

最先端の治療法は伝導性角膜形成術と呼ばれ、日本では2004年から始まった治療であり、安全性などのレポートは少ないですが、治療を行った患者の98%に効果があったとされています。最先端の治療法だけあって情報は少ない反面、最先端の治療法というだけの効果はあるようです。老眼に対する最先端の治療法として、伝導性角膜形成術は優秀であり、大きな注目を集めています。

老眼のみならず、視力回復の先駆者として、アメリカは一歩先を進んだ技術を持っています。有名なレーシック手術による視力回復術も、伝導性角膜形成術に関しても、アメリカで開発されたものなのです。今後もアメリカの動向は多大な注目を集めており、また老眼治療を始めとして、新たな治療法の開発も進められているようです。もしかしたら今後、更に良い治療法が開発される可能性もあります。

伝導性角膜形成術は、高周波エネルギー(ラジオ波)を角膜の外側に当てることで、角膜の中央の形状は維持したまま外側の形状を変えることによって、近くを見るときの視力だけを向上させるという術式です。高周波エネルギーを当てると聞くと怖そうに思えるかもしれませんが、メスを入れる手術や角膜そのものを削るレーシック手術に比べると、合併症や感染症のリスクは少ないのです。

安全性と効果の両方において、伝導性角膜形成術は非常に優秀といえます。また今後の発展次第では、これよりも更に有効な治療法が開発される可能性もあるなど、老眼治療の研究は日々進められているのです。


老眼の諸情報

 



ブンデスリーガ 動画
ブンデスリーガの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン