老眼ガイド TOP → 老眼と目薬 ビタミンC

ビタミンC

 

ビタミンEは動脈硬化の原因となる脂質の酸化を防ぎます。栄養補給の効果も高いため、目の活性化にも効果あるでしょう。ビタミンEを豊富に含む食品としては、アーモンドなどのナッツ類・ヒマワリ油などの植物油に多く含まれます。現代においては、こういったナッツなどを食べる機会というのは、以外にも少ないものです。意識して摂取するようにしないと、いつの間にか欠乏してしまうこともあるでしょう。

ビタミンEは目薬に配合されている場合もあり、食品として摂取する場合に比べると体内への効果は極端に少ないほうですが、眼球に直接栄養を与えるという意味では利用価値はあるかもしれません。しかし使うとしても、出来るだけ天然型のビタミンEが成分として含まれているものを選びましょう。ビタミンE配合の目薬ではほとんどが天然型を使用しているでしょうが、念のための確認は必要です。

ビタミンEはビタミンAと同じく脂溶性ビタミンですので、体内に残留しやすい性質を持っています。とはいえ、ビタミンEによって過剰症が引き起こされたという報告はされておらず、現状では過剰に摂取しても大きな問題はない、とされています。しかしながら体内に残留し続けることで、思わぬトラブル、未知の過剰症などが発症しないとも限らないですし、やはり過剰摂取は避けるべきです。

ビタミンEは動脈硬化など生活習慣病を防ぐ効果も持っていますし、積極的に摂取するべきです。ただし、豆類は意識しないと摂取する機会が少ないかもしれません。


老眼と目薬

 



アピドラ注ソロスター
アピドラ注ソロスターなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

事務服 スカート
事務服のスカートなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!