老眼ガイド TOP → 老眼と目薬 ビタミンA

ビタミンA

 

ビタミンCは眼球の中に存在する水晶体の透明度を保ち、細菌から目を守り、リフレッシュ効果があります。ビタミンCを積極的に摂取するのは、老眼の予防にとっては非常に良いでしょう。ビタミンCを豊富に含む食品としては、レモンなどの柑橘類・キャベツ・レタス・イチゴなどがあります。基本的には食べやすい果物に含まれやすいものですので、摂取も比較的簡単といえるでしょう。

ビタミンCは水溶性ビタミンと呼ばれるもので、水溶性ビタミンというのは過剰に摂取しても尿・汗などと共に体外へ排出されるため、過剰摂取の心配が少ない栄養素です。とはいえ、無駄に摂取してしまった分のビタミンCは役割を果たすことなく体外へ排出されてしまうので、摂取のし過ぎは意味がありません。ほどほど程度に収めておくのが、一番良いでしょう。

また水溶性ビタミンで過剰症の心配が少ないとはいえ、ビタミンCは酸性の性質を持っています。水溶性ビタミンですので体内への残留に関してそれほど気にすることはありませんが、酸性であるビタミンCを摂取しすぎるのは胃腸にとって好ましくありません。結果的に胃腸を傷つけ、下痢などを引き起こしてしまうケースも確認されています。水溶性ビタミンといっても、行き過ぎた摂取は避けるべきでしょう。

また、ビタミンCの含まれている目薬というのは、聞いたことがありません。やはり酸性の性質を持つビタミンCは目薬に適していないですし、配合したとしても目からの吸収効果は低いでしょう。


老眼と目薬

 



シェードカーテンhttp://www.monreve-japan.jp/style

カーテン インテリアhttp://www.monreve-japan.jp/

ドセタキセル 副作用
ドセタキセルの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム