老眼ガイド TOP → 老眼の知識 利き目とは逆の目

利き目とは逆の目

 

目は遠くの物を見るときは利き目を使い、近くのものを見るときは利き目とは逆の目を使ってみましょう。これによって老眼のみならず、視力を回復することができるかもしれません。もちろん確実というわけではないですが、方法としては悪くないのです。意識して利き目と逆の目を使ってみることで、意外なほどに視力が回復していくこともあるかもしれません。

利き目がどちらかというのは、実はあまり知らない方も多いです。基本的には視力検査などで、よく使っているために視力が落ち気味になっているほうの目が利き目です。また利き腕・利き足と同じほうにある(右腕が利き腕なら右)目が利き目になりやすいという説もありますが、これに関しては人それぞれですし、確実とはいえません。視力検査によって知る方法がメジャーといえるかもしれません。

極端な例ですが、視力の低下によって両目ともが失明することになった場合(あくまでも例です)、先に失明するのは良く使っていた利き目のほうです。これもまた極端な話ですが、利き目とは逆の目を良く使っていたなら失明しなかったとして、それならば利き目とは逆の目を使うようにするほうが良いのは明らかです。利き目のほうを休ませることも出来るため、これによって視力が回復する可能性もあるのです。

老眼対策の一環として、利き目とは逆の目を使うようにしてみるのも良いかもしれません。利き目を適度に休ませるのは、視力低下を防ぐのにも重要なことなのです。


老眼の知識

 



金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

ワンタキソテール 添付文書
ワンタキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!