老眼ガイド TOP → 老眼の知識 伝導性角膜形成術

伝導性角膜形成術

 

角膜の外側に高周波エネルギー(ラジオ波)を当てることで、角膜の中央の形状は維持したまま外側の形状を変えることにより、近くの視力だけを向上させる伝導性角膜形成術(老眼治療CK)という治療法が確立されています。老眼治療としては最先端を行く技術であり、老眼に悩まされる方々にとっては、どこの国でも非常に期待度の高い治療法と言えるでしょう。

伝導性角膜形成術の特徴は、何といっても手術などのようにメスを入れる必要がなく、更に合併症の発症率が低いということでしょう。レーシック手術でさえ合併症や角膜感染症のリスクも多少はあり、最悪の場合は網膜剥離を引き起こしてしまう危険性もあります。しかし伝導性角膜形成術に関しては、それがほとんど無いと言われています。

しかし高周波エネルギーをあてるという部分だけ聞くと、やはり怖いと思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし実際のところは、手術などと違ってメスを入れることもありませんし、合併症の発症率も非常に低いとされています。またレーシック手術などは角膜を削るという方法をとっているのに対し、CK治療はエネルギー波をあてるだけという方法を取っているため、どちらかというとCK治療のほうが安全性も高いといえるでしょう。

伝導性角膜形成術は安全性の面でも非常に優れています。とはいえ最先端の技術だけあって治療例が少なく、そこを不安に思われるかもしれませんが、それでも老眼治療の最先端というのは間違いないでしょう。


老眼の知識

 



不活化ポリオ 副反応
不活化ポリオの副反応なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

ホイールアライメントが調整
について