老眼ガイド TOP → 老眼の知識 新たな老眼治療

新たな老眼治療

 

角膜を削るようなレーシック手術では、水晶体の調節力が落ちることで起こる老眼は治療できません。しかしアメリカでは、新たな老眼治療の方法が増えてきています。近視手術でもレーシック手術で有名なアメリカにおいては、老眼に関しても一歩先を行っていると言えるかもしれません。本来ならある程度は仕方ないと思われる老眼も、治療できる可能性があるのです。

アメリカで開発された老眼治療の方法は、CK治療、もしくは伝導性角膜形成術と呼ばれるものです。通常なら老眼対策には老眼鏡などを使用するものですが、CK治療は眼球の外膜部に高周波エネルギー(ラジオ波)を放ち、その伝導性を利用して角膜にあるコラーゲン組織の一部分を就職させ、角膜を形成させる治療法です。この治療法に関しては「伝導性角膜形成術」のページでも紹介しておりますので、是非ともご覧になってみてください。

アメリカにおける視力回復術は、レーシックによる近視治療・CK治療による老眼治療のみならず開発など様々な分野において、各国よりも一歩先へ行っているといえます。もちろん現在でも、CK治療以外の治療法の開発は進められているようで、今後の発展次第では、更に有効な治療法が開発されることもありえます。CK治療などは日本でも行っている病院はありますし、老眼に悩まされる方には助かる話でしょう。

新たな老眼治療の開発において、アメリカは一歩先へ行っており、現段階ではCK治療が非常に有効であるとされています。


老眼の知識

 



ディレグラ 効果
ディレグラの効果なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

横浜や川崎のリノベーション
http://www.mitsuhashi-kikaku.co.jp/