老眼ガイド TOP → 老眼の知識 遠近両用眼鏡

遠近両用眼鏡

 

近視の人にはレンズの上半分が近視用のもの、下半分が遠視用の遠近両用眼鏡が便利です。ただし使用感は人それぞれですので、自分用の眼鏡を探す際は、自分に合ったものを探すようにして下さい。基本的にはレンズを作る際にオーダーメイドすることになると思います。遠近両用眼鏡は近視・遠視の両方に対応できるため、便利といえば便利な眼鏡であるといえます。

しかしながら、例えば遠視の方に対応する場合は下半分のレンズを使って近くのものを見るわけですが、仮に手元の書類などを見るときは、顎を上げて下半分のレンズを通して見るような体勢になってしまいます。こういった体勢になることを不恰好だと恥じる方もいらっしゃいますので、やはり人によっては抵抗があり、遠近両用ではなく片方の(遠視の方なら遠視用の)眼鏡のみを使用する方もいらっしゃいます。

もちろんこれは近視の方にも言えることで、近視用の上半分のレンズを使用して遠くを見ることになるため、視点の置き方によっては上目遣いのような体勢になってしまうこともあります。基本的に遠くへ視点を置く場合は、あまりそうなることも無いのは確かですが、下のほうあるものを見ようとするときは、どうしても見にくくなるのが難点ではあります。

遠近両用眼鏡の使い方も、慣れてしまえば気にならないかもしれません。他者から見てもそれほど気にするような方はあまりいませんが、とはいえ身じろぎの仕方に関して、神経質な方もいるのは確かです。


老眼の知識