老眼ガイド TOP → 老眼の基本 老眼の原因

老眼の原因

 

老眼とは水晶体の弾力性が損なわれることで、ピントをあわせられる範囲が狭まることが原因だとされています。水晶体の弾力性に関しては、加齢によって徐々に失われていくもので、意識してこれを食い止めようとするのは少しばかり難しいです。出来ることといえば生活習慣の改善、もしくは眼球そのものに手術などで対策を施すことですが、生まれつきの体質に左右されることが多いのも確かです。

老眼に関しては、ある程度は仕方ないといえるでしょう。早ければ四十代の初め頃、そこから六十代に至るまでには自覚症状が現れてくる老眼。しかし実際に水晶体の弾力性が損なわれ、ピントを合わせるための調節力が衰えてくるのは、実は二十歳前後という早いうちから始まっているのです。体質・生活習慣の違いによっては、通常よりも早めに老眼の初期症状が出始めることもあるでしょう。

過度に目を使わない、普通の生活を送っていたとしても、二十代頃から衰え始める水晶体の調節力のために、なんとなく近くにあるものが以前よりも見えにくくなっている、という現象が起こることもあるでしょう。視力の低下が気になり始めるのも、二十歳前後の時期だと言われています。目の使いすぎには特に気をつけないと、早い段階で老眼が始まってしまうこともあるかもしれません。

老眼の原因は水晶体の調節力が衰えることで、これは加齢が原因ですので、ある程度は仕方ありません。老眼を防止するには、出来るだけ目を酷使しないようにするのが大切です。


老眼の基本

 



ティアモ
ティアモのカラコンが、セールでビックリ490円でカラコンが買える!

ポスター印刷
ポスター印刷ならディプリーズ楽天市場店で!