老眼ガイド TOP → 老眼の基本 毛様体筋

毛様体筋

 

人間の眼がピントをあわせるには、眼球に存在する毛様体筋が、レンズの役割を果たす水晶体の厚さを変化させることが必要になります。近い場所にピントを合わせる場合は毛様体筋を緊張状態にして水晶体を膨らませ、遠くにピントを合わせるときは毛様体筋を緩めることで水晶体を薄くする仕組みです。毛様体筋は水晶体に光が当たったときにも、水晶体の厚みを変化させる役割を持っています。

水晶体は加齢と共に少しずつ硬化していくものですが、毛様体筋もそれに合わせるように、老化によって少しずつ衰弱していきます。毛様体筋が弱体化していくことによって、近い場所にピントを合わせたり、遠い場所にピントを置こうとしたりする動作に、タイムラグが生じてしまうのです。老化の大きな特徴である「焦点を合わせにくい」という現象は、これが原因で起こっているとみるのが正しいでしょう。

毛様体筋は眼球の中にあって小さいながらも、筋肉の一種です。そのため、使用していなければ老化せずとも弱体化してしまうことがあります。弱体化させないためには使用するのが当然ですが、これは目を使う(物を見る)ということではありません。どちらかというと、目を開いたり閉じたり瞬きするなど、もしくは強く閉じるといった行為が有効といえるでしょう。

毛様体筋に関しては、ピントを合わせる動作をするためには非常に大事な筋肉といえます。出来るだけ弱体化させないよう、日々の生活習慣にも気を遣うべきです。


老眼の基本

 



ナースシューズ
ナースシューズならユニフォーム専門店 e-UNIFORMがオススメ!

ティアモ セール
ティアモのセールならこちらで!