老眼ガイド TOP → 老眼の基本 老眼の始まり

老眼の始まり

 

老眼は四十代中頃より起こり、目が何となく疲れる、頭が痛くなるといった、いわゆる眼精疲労から始まることが多いのです。そこから徐々に近くの物でも見えにくくなったり、遠くに視線を置いてから急に近くへと視線を動かした時にピントがあうのに時間がかかったり、老眼の特徴的な症状が出てくるのです。最初のうちはあまり気にならないかもしれませんが、放っておくと老眼の症状は進行していきます。

老眼は四十代中頃から自覚症状が出てくるものですが、人によっては五十代になって出ることもあり、もっと遅ければ六十代になってようやく老眼の症状が出始めるという方もいらっしゃいます。こういった差が出るのには様々な説が展開されていますが、「目を酷使している方ほど早く出やすい」「六十代になって気になり始めたという方も、本当は四十代頃から症状が出ていたものの、自覚していなかっただけ」という説が根強いです。

老眼の始まりは、先述したように目が疲れるなどといった眼精疲労からきます。しかし現代においてはパソコンなどが一般的に浸透していることから、長時間のパソコン使用などによって眼精疲労を起こしやすい状態になっています。そのため、目の使いすぎによる眼精疲労なのか、老眼による眼精疲労なのか、昔と比べると判りにくくなっているのは確かでしょう。

老眼の始まりは四十代から六十代ごろと言われていますが、水晶体の調節力自体は二十代ごろから低下しているのが基本で、眼精疲労を積み重ねると、もっと早くから老眼が起こってしまう可能性もあります。


老眼の基本

 



レンタカー鹿児島空港
http://www.dgachn.org/

品川 透析
品川で透析なら五反田ガーデンクリニック!

犬のしつけ教室 ペットホテル東京(羽田空港送迎可)
http://pethoteltokyo.com/

アレルギー性鼻炎 治療
アレルギー性鼻炎の治療なら医療関係者向けの製品情報サイトで!