老眼ガイド TOP → 老眼の基本 老眼とは

老眼とは

 

老眼というのは、近くにある物が見えにくくなることや、遠くから急に近くを見た時にピントがあうのに時間がかかるなどといった症状があります。正式には老眼ではなく「老視(ろうし)」と呼ばれるのが正しいのですが、一般的には老眼という呼び名のほうが広く認知されています。実際のところ、パソコンのテキストなどで変換しようとしても、「ろうし」では「老視」という感じが一発で変換されないパソコンもあるくらいです。

老眼というのは、通常の視力の低下とは性質が異なるものです。近くにある物でも見えなくなるというのは、視力の低下でも起こりうることではありますが、遠くから急に近くを見た時にピントがあうのに時間がかかるというのは、老眼に見られる特徴的な症状です。こういった現象が起こるのは、眼球に存在する水晶体という部位が加齢によって硬くなり、そのために弾性が弱まるため、調節力が低下してしまうからなのです。

基本的に老眼というのは、その名が示す通り、加齢によって発症するのがほとんどです。早ければ四十代ごろから自覚症状が現れることもあるでしょう。しかし実のところ、ほとんどの方は二十歳に至るくらいの時期には、少しずつ眼球の水晶体の調節力が衰えていき、四十代から六十代ほどに至り、とうとう老眼の初期症状が出始めるのです。

老眼を自覚し始めるのは四十代から六十代の時期であるのは確かなのですが、実際のところ眼球にある水晶体の調節力というのは二十歳前後から低下し始めているのです。


老眼の基本

 



マイスリー 効果
マイスリーの効果なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

孤独死清掃 千葉 特殊清掃 茨城 ゴミ屋敷片付け
http://www.eco-harmony.co.jp/service.html